~遺産争いの相談まとめ~

弟の使い込みを疑っています

亡くなったのは母で、遺産を相続するのは私を含めた三人の兄弟です。私と兄は独立して家庭を持っていますが、弟は結婚をしておらず、母と一緒に実家で生活していました。母が倒れた際に最初に病院に運んだのも弟で、私と兄は実家から離れて暮らしていて仕事も放り出すことができず、入院の手続きから亡くなった後の整理に至るまでほとんど弟に任せきりという状態でした。

私は以前母から預貯金の金額についてある程度聞かされており、「自分が死んだ時には兄弟揉めることなく仲良く分けてほしい」と聞かされていました。ところが弟から見せられた貯金通帳には、母から聞いていた金額の半額程度しか残されておらず、他にも別の口座があるのだろうと考えていましたが、弟は「これ以外の銀行口座は出てこない」の一点張りです。

おかしいなと思いつつも、あのあと母が使ったのかもしれないと前向きに考えていましたが、兄と二人で話した際に「おかしいよな、あんな金額なはずがないのに。お袋がわざわざ嘘を付くはずがないんだよ」と良い出し、母は兄に対しても弟が見せてきた通帳の金額とは開きのある預貯金額があることを聞かせていたことが発覚しました。

それを機に、私と兄は弟が母の預貯金の一部を隠しているのではないかと疑っています。弁護士に依頼をした場合、他に銀行の口座が残っているかどうかの調査をすることはできるのでしょうか。

Posted 2017/04/18

ピックアップ記事一覧へ