遺産争続

~遺産争いの相談まとめ~

相談に乗る男性

相続の骨肉の争い

POST:2016/10/19

これは聞いた話なのですが、親戚の叔父が亡くなって、叔父は地主で色々な事業などを手掛けており土地賃貸経営に関しては把握していたみたいですが、株の事は全く誰もどういう状況なのかは把握できていなかったようです。

叔父が誰にも言わずに管理などを自分でしていて、どれほどの株が有るか、それがどんな株なのか、国内か海外なのかなども一切知らされずに密かに叔父がしていたみたいといっていました。

祖父が亡くなる前に兄弟で遺産相続に関して話し合いもしていたようです。叔父の兄弟は土地と賃貸の事家の事などは話していたらしいのですが、株の事は知らなかった為、話すこともなかったみたいです。

叔父が亡くなり遺産相続で土地・賃貸物件・株が有る事が分かり、土地や賃貸物件は以前から話していてある程度話し合いがついていたらしいですが、株の事で又もめだしたらしく、株は調べてみるとマイナスである事が発覚しそれをどうするか、その他後から知ったと言っていました。

土地に対して固定資産税を数か月に1度数十万支払わないといけないと言う事や賃貸の老朽化で立て直しの検討もしないといけないと言う事で、それらのお金をどう分担するか相続したものが責任を持って、固定資産税を支払うや賃貸物件の建て替え費用の事など色んな事で今もまだ一部の事でもめており、決着がついていないようです。

ページのトップへ戻る