遺産争続

~遺産争いの相談まとめ~

相談に乗る男性

身の回りの世話をしてくれた家政婦に遺産を残せる?

POST:2016/11/30

長男の嫁が舅や姑の世話をするのが当たり前、かつてはそんな風に言われていました。現在はそんな風に誰か一人に介護を押し付けてくることはなくなった変わりに、兄妹みなで介護に当たるといってもそれぞれに生活もあるし中々簡単なことではなく、我が家でも父の世話は一番近くに住む末娘の私と普段身の回りの事を頼んでいる家政婦さんがほとんど受け持っていました。

この家政婦さんはもう長年我が家に来てくれていた人で父の信頼も厚く、本当に父に尽くしてくれており、父も全幅の信頼を置いていました。そんな父が亡くなって遺言状に家政婦さんに私たちと同様に遺産の一部を与える旨が記されていたことで、大きな波紋がまきおこりました。特に姉は父の遺言の内容に全く納得できない様子で、血も繋がっていない人になぜ同じ権利を与えなければならないのかと烈火のごとく怒り、遺産相続の手続に進むことが出来ずに居ます。

私はずっと父のそばで見守り、彼女と一緒に父の介護をしてきたので、父の気持ちはとてもよくわかります。相続の手続に当たっては納得できない姉が弁護士を立てて争う気持ちになっているようで、私と兄はどうすべきか本当に迷っています。しかもしまいには姉は家政婦の女性が父をそそのかしたとまで言い出して、いったいどうすべきなのか、どうすれば父の意志も姉の気持ちも納得させることができるのか良い案を見つけられればいいと思っています。

ページのトップへ戻る