遺産争続

~遺産争いの相談まとめ~

相談に乗る男性

どんな子供でも均等に財産を相続する権利がある?

POST:2016/10/19

我が家は江戸時代から続く老舗の料亭を生業にしています。私もそんな家に生まれて跡取りとして子供のころから厳しくしつけられ、何とか古くから続くのれんを守り続けていました。

6代目に当たる父が突然他界したことで自分の身にも相続というものが現実的に降りかかるようになり、その手続きを進めていた矢先、我が家の末の妹がふいに帰ってきました。

長年音信不通になっており、両親が止めるのも聞かずにフランスに渡り、向こうで長い間暮らしてきたのですが、どこにいるかも私や両親はまったく知らされておらず、すぐ下の妹だけがかろうじてメールのやり取り程度はごくたまにしていたようでした。

末の妹は両親にずいぶんと心配をかけ、お金の面でも随分援助を受けていたにもかかわらず、最後は自分勝手に海外へと渡って長年音信不通だったのに、相続に関しては自分の権利をきっちりと主張するつもりらしく、自分の妹ながらあまりの身勝手さにあきれました。

でも相続人であることに変わりはないのですが、妹の主張通りに母と私たち3姉妹とで均等に分けるとなると、この店と土地を売り払う以外ありません。長年父や祖父などが苦労に苦労を重ねて守ってきた伝統のある店を私の代で潰すわけはいかず、そんな主張は無視しようとしたのですが、妹は弁護士を立てるので話し合いに応じるように言ってきました。

遺産相続でもめ事があるのはよく耳にしてきましたが、まさか自分の身に降りかかるとは思わず、今後の事を私の方でも弁護士に相談しようと思っています。

ページのトップへ戻る